img
img
TOP  >  施術メニュー  >  二重整形・目頭目尻切開  >  切らない眼瞼下垂
(挙筋前転法)

切らない眼瞼下垂
(挙筋前転法)

img
img
無料カウンセリング予約する
※NARU Beauty Clinicは完全予約制です

こんな方におすすめです

img
まぶたが垂れ下がって眠そうに見える
img
目の開きが悪くなった感じがする
img
ぱっちりとした二重になりたい
img
二重ラインをくっきりさせたい
img
ダウンタイムをできるだけ短くしたい
切らない眼瞼下垂
(挙筋前転法)
 / 目次

切らない眼瞼下垂(挙筋前転法)を
行う医師

二重整形で大事なのは
”どこでやるか”
ではなく
”誰にやってもらうか”です。

私はかなり細かい性格なので、目元のデザインを決める段階から、仕上がりの美しさにこだわりを持っています。
また、診察するうえでは、患者様1人ひとりと向き合う時間を大切にしております。
切らない眼瞼下垂では、患者様1人ひとりのまぶたの状態を正しく診断した上で、目の開き具合を調整することが可能です。
目の開けづらさや視界の悪さ、目つきに悩まれている方は、ぜひ当院にお任せください。

img

切らない眼瞼下垂
(挙筋前転法)の
料金

スタンダード
通常
¥240,000
プレミアム
通常
¥449,560
※料金は全て税込み価格です
F
img
img
モニター契約でお得に施術をお受けいただくことができる制度をご用意しております。
施術前後のお写真や動画の撮影ほか、インタビューといった形でご協力いただき、それをクリニックが発信するSNSやWEBサイト・広告などの媒体で使用させていただく制度です。

モニター条件
・施術前後の写真撮影、手術中の動画撮影の撮影にご協力いただける方。
・術前・術後に数回程度の、ご来院が可能な方。
・WEBサイトやSNS、広告などに掲載が可能な方。
・モニター可否については医師の診察と適正審査があります。
※事前審査なし
・撮影範囲(ご提供していただける範囲)やモニター枠によって割引率が変動します。

ナルクリが選ばれる理由

Point
01
目元整形を専門としたクリニック

当院は、二重整形やクマ治療をはじめとする、目元整形を専門としたクリニックです。
医師やスタッフを含め、目元整形を熟知したスペシャリストが揃っております。
今まで培ってきた経験や豊富な実績、そしてクリニック独自の施術方法により、患者様の理想の仕上がりを目指します。

img

当院は、二重整形やクマ治療をはじめとする、目元整形を専門としたクリニックです。
医師やスタッフを含め、目元整形を熟知したスペシャリストが揃っております。
今まで培ってきた経験や豊富な実績、そしてクリニック独自の施術方法により、患者様の理想の仕上がりを目指します。

img
Point
02
美しいデザインにこだわった仕上がり

当院では、患者様1人ひとりの目元の個性を大切にしつつ、美しいデザインにこだわっております。
目の形や幅、高さなど、細部まで考えながら、施術以上の時間をかけてデザインを決めます。
徹底的にデザインにこだわるため、一切妥協のない美しい仕上がりが可能です。

当院では、患者様1人ひとりの目元の個性を大切にしつつ、美しいデザインにこだわっております。
目の形や幅、高さなど、細部まで考えながら、施術以上の時間をかけてデザインを決めます。
徹底的にデザインにこだわるため、一切妥協のない美しい仕上がりが可能です。

Point
03
ダウンタイムを最小限に抑える工夫

当院では、ダウンタイムを最小限に抑える工夫をしております。
麻酔液に血管を収縮させる薬を混ぜることで、内出血をなるべく減らしています。
血管を収縮させることによって、針が血管に当たるリスクも減る結果、ダウンタイムの短縮が可能です。

img

当院では、ダウンタイムを最小限に抑える工夫をしております。
麻酔液に血管を収縮させる薬を混ぜることで、内出血をなるべく減らしています。
血管を収縮させることによって、針が血管に当たるリスクも減る結果、ダウンタイムの短縮が可能です。

無料カウンセリング予約する
※NARU Beauty Clinicは完全予約制です

よくあるご質問

icon
切らない眼瞼下垂と二重埋没法の違いを教えてください。
icon

切らない眼瞼下垂と二重埋没法は、手術の目的が異なります。
切らない眼瞼下垂は、まぶたの垂れ下がりを改善し、目の開きをよくするのが目的です。
一方で、二重埋没法は、二重ラインを作るのが目的のため、まぶたを軽くし目の開きを改善することはできません。
基本的に、当院では、切らない眼瞼下垂と二重埋没法を同時に受ける方がほとんどです。

icon
眼瞼下垂か自分で判断する方法はありますか?
icon

黒目の見える範囲で判断できます。
眉毛を手で抑えて動かないようにした状態で、目を思いっきり開いたときに、黒目が半分程しか見えない方は眼瞼下垂です。
また、眼瞼下垂の方は、眉毛が常に上がりおでこが緊張しているため、おでこにしわが寄っている特徴があります。

icon
切らない眼瞼下垂のデメリットはありますか?
icon

眼瞼下垂が進行している場合は、改善が期待できないことです。
加齢によって、目の開きがかなり弱まっている方は、切開をしてしっかり目の開きをよくするのがおすすめです。
眼瞼下垂の程度をご自身で判断するのは難しいので、1度当院までご相談ください。

\まずは無料カウンセリングへ/
※無理な勧誘は一切ありません